デリケートゾーンの臭いと石鹸について

デリケートゾーンの臭いの原因を知ろう

デリケートゾーンの臭いが気になるのには、いくつかの原因が考えられます。とても敏感な部分ですから、放置すればさまざまなトラブルになることも考えられます。デリケートゾーンの臭いというのは、大きく分けると原因は3つのパターンが考えられます。まず考えられるのは、不衛生にしているということです。ほかには性感染症や、もしかしたらスソワキガの可能性もあります。本人でも何が原因なのかは、判断がしにくい部分はあります。スソワキガと思い込んでいたのが、本当は不衛生であったことが大きな理由ということも考えられます。対策をするには、何が大きな原因となっているのか、本人で把握をする必要があります。性感染症の場合は、おりものにいつもとは違う異変を感じることがあります。かゆみが強くなるなど、異常を感じたときには、婦人科などを受診しましょう。もしもかゆみだけがひどいなら、皮膚科での相談もできます。セルフケアでなんとかしようとせずに、きちんと医療機関を受診して、適切な処置を受ける必要があります。そのうえで、お薬などでホームケアをすることもあります。陰部にはアポクリン線が多く、スソワキガが原因となっていることも考えられます。

 

デリケートゾーンは石鹸でケアを

デリケートゾーンの臭い対策は、デリケートゾーン専用の石鹸をフル活用してお手入れをしましょう。スソワキガや不衛生が原因であれば、専用の石鹸を使っての清潔を維持する方法があります。普段はショーツを着用し、パンツやスカート、ストッキングやタイツなどで、通気性は良くはない場所です。高温多湿にもなりやすいですし、生理の時などは経血も気になるものです。さらには陰部の複雑なヒダのところには垢が溜まります。これは歯に歯垢がこびりつくように、陰部の垢の場合は恥垢と呼ばれています。こうした特有の汚れを洗い流すことができるのが、デリケートゾーン専用の、配合成分も安心の石鹸です。ソープにも種類はありますが、天然成分を配合しているものが多く、肌にもやさしく働きかけて、汚れをスムーズに落としていくことができます。優しい成分で敏感な部分も洗うことができますから、洗い方にも気をつけて丁寧に洗浄をしましょう。洗浄の際には、ボディブラシやスポンジは使用しないで、泡立ててから手に乗せて、指を上手に使って洗いましょう。よく洗ったら、すすぎもぬるめのお湯をシャワーで出して、石鹸の泡が残らないように洗い流します。

 

参考:誰にも言えない悩み、あそこのにおいを解決