あそこが匂う原因とはなにか

あそこが匂う原因とは

女性が気にするあそこの匂い。普段下着を装着して仕事をする、勉強をする、プライベートで遊びに行くと言った時にはあまり気にならないまでも、一旦トイレにいって下着を下げた時に、あそこの匂いを感じることはありますね。また一日の終わりにシャワー、お風呂に入る前に下着をおろしてその匂いに気が付くということもあるのではないでしょうか。そして下着を見てみると女性特有のおりものが付着している…ということはよく見られることです。女性は生理が始まると生理以外の時にはおりものが分泌されています。おりものは生理周期によって、粘性が代わり、また量が異なります。また空気に触れないときには匂いがあまりしないのですが、一旦下着をおろして空気に触れると、強く匂いを感じることもあるのです。また汗をかいて下着が蒸れていたり、ジーンズなどがデリケートゾーンに密着しているような部分はあそこが匂うと感じることがあるでしょう。一旦匂いを感じると、今度はもっと気になりますし、清潔にしていても、あそこが匂うのではないか?今は大丈夫か?周りは気が付いていないのか?ということが心配になり、自分のするべきことに集中が出来ないということもあります。

 

何故おりものが増えるのか

女性の生理にとっておりものは切っても切れない物です。どうしておりものがあり、それは増えたり減ったりするのでしょうか?女性の生理周期の中には生理周期というものがありますが、その中に排卵期というものがあります。排卵期の前には性交渉をしたら受精をするという役割を果たすために、おりものはやや粘性を持ったもので量も自然と増えるのです。そしてその時期が終わり、生理が近づくにつれ一旦おりものは減るのです。このリズムを知っていれば、おりものが多い時期には下着をこまめに交換する、またおりものシートを使用してあそこが匂うことを予防するということが出来るでしょう。また生理周期とは関連なく、おりものが増えるということもあります。そしてあそこが匂うのもどんどん強くなっているということも…。それはもしかすると何かの感染が考えられるかもしれません。性行為をすると性病に感染する可能性というのがありますが、性病に感染するとおりものが増加したり、おりものの性状が変化します。そして時には匂いが非常に強くなることもあるのです。そのためにおりものが増加してきたときには注意が必要です。あそこの匂いとおりものは非常に関連があるのです。

 

一緒に読まれる記事:デリケートゾーンの臭いと石鹸について